カードローン会社から連絡はあるの?

カードローン審査では在籍確認を不安に感じる人も少なくありません。
でも実際にはそれほど心配する必要はなく、周囲にバレる可能性も極めて低いものです。
在籍確認の目的というのは、申込みした人が申込書に記載された内容どおりの職場や住まいに存在しているか確かめることです。
そのため電話がかかってくるのは人によっては勤務先のこともあれば自宅の場合もあります。
自分が確実に電話を取れればまだ安心なのですが、もしも自分が不在で他の人が電話に応対したらどうなるのでしょう?

 

このケースでも心配には及びませんが、心配ならカードローン会社の担当者に在籍確認で配慮してほしいことを伝えておきましょう。
金融機関ではカードローンに関する用件だということは分からないようにカモフラージュして電話をしてきます。
多くの場合個人名を名乗ってくるので、誰も不審には思いません。
自分がその場にいなくても「○○は外出中です」などというように在籍する事実を確認できればOKなので、折り返し電話をする必要もありません。

 

このように在籍確認というのは必要以上にを恐れることは全くないのです。
利用者が専業主婦のケースでも同様に在籍確認がありますが、これはあくまで本人宛に行われるものです。
自宅や携帯電話に電話が入るだけで、夫の職場に電話連絡がいく心配はありません。
専業主婦でも借り入れOKの銀行カードローンは夫の同意書や収入証明書も不要で申込できるなど、安心して利用できるメリットがたくさんあります。
もしも手元のお金がピンチになっても、怪しい闇金などには絶対に手を出さずに銀行カードローンの申し込みを検討してみてください。